心の平和を保つ方法 ストレスと戦う看護師たちに捧ぐサイト

お酒との正しい付き合い方

仕事で溜まったストレスは適度に解消するのが望ましい。大人になって覚えるストレス発散方法としてよくあるのが、お酒である。

仕事で苦労が多いといわれる看護師も、溜まったストレスを解消するためにお酒を嗜んでいることは多くある。お酒は適量であれば全然悪いものではなく、仕事で辛いことがあった日もお酒のおかげで忘れることができる。

お酒とは上手く付き合うのが肝心であり、時には摂取量をほどほどに抑える心掛けが欠かせない。アルコールには多少なりとも常習性があって、限度を超えて摂取し続けるとアルコール中毒に陥る可能性が考えられる。

初めはストレス解消のため少しずつお酒を嗜んでいただけでも、ストレスが溜まる度に飲酒しているうちに次第に摂取量が増えて、アルコール中毒に陥っている場合がある。そうなると仕事中にも判断力が低下したり、あるいは手足の震えとして中毒症状が心身に次第に表れてくる。ストレス発散のためとはいえ、お酒は適量を守ることが大切である。

摂取量を守るためのコツとしては、お酒をどれだけ飲んだのかを毎日記録に付ける方法が役に立つ。お酒の量を正確に把握していないと、限度を超えて飲み過ぎに陥りやすい。毎日の記録は定期的に内容を確認し、摂取量の推移を見守る事が欠かせない。分析の結果もし摂取量が増えてきたと感じるなら、お酒の量を控えたりあるいはアルコール度数の低いお酒に切り替えるといった工夫が必要である。